印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


ヨコハマポートサイド街づくり協議会 since 2014-02-18



アクセス_thema1.jpg

横浜駅東口に隣接し、ウォーターフロントでもあるヨコハマポートサイド地区は、鉄道交通だけでなく、海からの来街にも豊かな利便性を備えています。ここでは、地区内の主な駐車場と合わせ、横浜駅、京浜急行・神奈川駅などからの徒歩での来街ルート。シーバスによる海からの来街ルートなどをご紹介します。



鉄道/横浜駅から

ヨコハマポートサイド地区は、横浜駅の東口側にあります(横浜高島屋さんや、相鉄ジョイナスなどがあるのが、横浜駅西口です)。

● まずは、横浜駅中央を東西に貫く「東西自由通路」を東口に進んでいくコースでしょうか。地下街ポルタを経て、からくり時計がある横浜そごう(横浜新都市ビル)正面に出ていただき、そのまま、横浜そごうの中に入って、2階に行き、海側の出口からペデストリアン・デッキに出て、新田間川(あらたまがわ)にかかるかもめ歩道橋を渡り、ベイクォーターに至れば、そこがヨコハマポートサイド地区の入口です。ギャラリーロードから公園に入る、その入口付近には「うねる芝生」があります。長谷川氏は、広報誌「GARRELY ROAD」第4号に寄せた文章のなかで(この芝生について)「幾重にも折り畳まれた芝生は太陽の動きによって刻々と姿を変える」「適度な傾斜は腰を下ろしたり、寝そべるのに最適であり、水面を臨む観客席となる」と語っていらっしゃいます。

LinkIconこのルートの詳細

● また、横浜そごうの建物内に入らず、横浜そごうの建物を正面に見たら、左手に進み、タクシープラザの脇を抜け、階段を上って地上に出て(横浜そごう正面入口があるのは地下2階に相当するフロア)、国道沿いを東神奈川方面に歩き、ひとつめの信号を左手に曲がるとヨコハマポートサイド地区というルートもあります。

LinkIconこのルートの詳細



L1010040.JPG


L1020195.JPG

ベイクォーターウォークを渡って

「きた東口」からベイクォーターウォークを渡って、ポートサイドへ

●2007年に新設された「きた東口」からのルートもあります。まず、横浜駅では、最も東神奈川駅寄りにある北通路(JR、京浜急行線では北改札口)。JRの改札を背にすると左が「きた西口」、右手が「きた東口」です。

「きた東口」に向かうと、地上にでるエスカレーターがあります。このエスカレーターで地上に出ると、少し左手に、2009年12月11日に開通したベイクォーター ウォーク(国道、川の上を通過して、横浜ベイクォーターに直結する長い歩道橋です)の入口があります。
ベイクォーターウォークを通っていくのが、横浜駅からは最も便利なアクセスルートといえるかもしれません。

LinkIconこのルートの詳細



鉄道/京浜急行線 神奈川駅から

京浜急行「神奈川駅」はターミナル駅である「横浜駅」の隣(上り側)にある小さな駅です。しかし、神奈川宿に由来する駅名が示すとおり、このあたりでは、旧神奈川宿のいぶきを最も色濃く残す地域にある駅でもあります。
写真ガイドでは、駅を降り、宮前商店街を抜け、栄町グリーンウォークという歩道橋を渡って、ヨコハマポートサイド地区に入るルートをご紹介しています。

LinkIconこのルートの詳細



L1010175.JPG


L1010036.JPG

シーバスで

シーバスは文字通り「海のバス(sea bus)」。横浜港で定期運行されている水上バスです。バスでいう停留所は、横浜駅東口(横浜ベイクォーター)、みなとみらい21ぷかり桟橋、赤レンガ倉庫、山下公園。横浜駅東口と山下公園が始発駅であり、終着駅ということになります。まさに横浜ならではの交通機関といえ、心地よさでいえば、これに勝るものはないといえるかもしれません。フラットな独特の船形から水面との距離も近く、海面を身近に感じられる心地よい船旅になります。

前方客席は80席、屋根付きの後方甲板席は15席。立席が45人分。まさに「海のバス」といった大きさの船です。横浜駅東口から山下公園の全行程を乗っても所要時間は35分程度。東口から、みなとみらいまでは10分ほどで到着します。
普段、何気なく陸から海を眺めているわけですが、逆に海から陸地を眺めてみると、不思議と見慣れた風景が新鮮なものに映ります。また、新しい発見もあります。
ときには、海からヨコハマポートサイド地区へ
ヨコハマポートサイド地区から、海路で、みなとみらい地区や中華街へ
桟橋は、横浜ベイクォーターに直結しています。

横浜クルージングwebサイトへLinkIcon

駐車場

■そごうパーキング館

560台収容可能という規模もさることながら、女性ドライバーや大型車に配慮した女性優先(大型車優先)の広い駐車ブースがあり、休憩所や本格的な洗車を承る洗車コーナー(有料)など、ホスピタリティに優れている点で、話題の駐車場です。女性誘導員の方が誘導してくださったり、ポーターさんが、そごうでの買い物を運んでくれる(パーキング館3階の休憩室まで)というサービスもあるようです。


L1010404.JPG


L1010102.JPG

■横浜市ポートサイド地下駐車場

yvsビル(横浜クリエーションスクエア)とパークタワー横濱ポートサイドの間から入っていく地下駐車場です。営業時間は午前8時から午後11時まで。横浜そごう、マルイシティ横浜、ヨコハマスカイ、横浜ポルタなどで一定以上の金額の買い物をすると、駐車料金がサービスになるようです(詳しくは直接、各店舗にお尋ねください)。