XX1.jpg


槌音だけが響いていた頃から、アート、デザインのイベントを開催するなど、ポートサイド地区では「アート&デザインの街づくり」が進められてきました。1992年のアルテ横浜の竣工以来、パブリック・アートや建築デザインに彩られた街並をつくり、ヨコハマポートサイド街づくり協議会は、アート縁日などのイベントの開催を重ね、いわゆるソフトの面から「アート&デザインの街づくり」を担ってきました。「ポートサイドひかりの街づくり」は、そうした経緯を踏まえて「街に暮らす人々」の参加をさらに明確にしていこうとする試みです。主役は、この街にお住まいになる方、働いている方、就学している方、そして訪れる方。この街に暮らしている方々ご自身がアーティストであり、デザイナーになって「アート&デザインの街づくり」を体感し、表現することからポートサイド地区に新たな時代を重ねていきたいと考えています。


2016年も10月8日、9日に開催されたアート縁日での開催をはじめとして「小さなカラーランタンに吊り下げる短冊に思い思いの絵を描く」ワークショップは開催されました。12月(2016年)にかけて、ポートサイド地区内で、同様のワークショップが開催されました。

img_1191.jpg
■ 2016年10月30日(日曜日)午前10時〜午後4時
  ポートサイド公園
  当日行われている「ポートサイド公園フェスタ」に
  ワークショップブースを出展しました。

■ 2016年11月20日(日曜日)
  午前10時〜午後4時30分
  幸ヶ谷集会所(神奈川公園内)1階会議室

■ 2016年12月10日&11日(土曜日/日曜日) 
  午前11時〜午後18時(両日とも)
  横浜ベイクォーター 3階 ゲート広場

hikari-no-machi.jpg

2016年の開催では、このイベントのキックオフ企画として金港公園の中心木に大きなランタンを装飾し、みなさんに描いていただいた短冊を下げたカラーランタンを輝かせる「ひかりの広場」をつくり、それを地区内の樹々に広げ「ひかりの街づくり」を表現しました。